ヨモギ(Yomogi)

各地に野生していて道端にもよく見かける植物です。
食用では草餅の材料になることから、別名「モチグサ」とも呼ばれます。
漢方では、よもぎの葉を艾葉(ガイヨウ)といい、止血・鎮痛・強壮剤として治療に用います。
葉を湯船に入れて体をあたためるなど、冷えにも良いとされ、抗菌作用・デトックス効果が高いことから、アトピー性皮膚炎や、ダイエットにも効果があると言われています。

概要

ヨモギ(学名: Artemisia princeps)は、キク科に属する多年草で、日本やアジアの一部で広く見られます。一般的には「ヨモギ」と呼ばれますが、別名に「ヨモギソウ」とも呼ばれます。ヨモギの葉はさまざまな料理や薬用として使用され、その特有の香りと苦味が特徴的です。

成分

フラボノイド:カンフェル、アルテミシニンなど
アミノ酸
ビタミン:ビタミンA、C、K
ミネラル:カルシウム、鉄、マグネシウム

効能

抗酸化作用:ヨモギに含まれるフラボノイドやビタミンCが抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去するのに役立ちます。
抗菌・抗炎症作用:アルテミシニンなどの成分が、抗菌・抗炎症作用を示す可能性があります。
消化促進:ヨモギは消化を助け、食欲を促進すると言われています。
利尿作用:利尿作用があり、体内の余分な水分を排出するのに寄与します。
血糖値調整:一部の研究では、ヨモギが血糖値を調整するのに役立つ可能性が示唆されています。

飲み方

ヨモギの葉を適量取り、乾燥させて細かく刻む。
鍋にお湯を沸かし、刻んだヨモギを加える。
約5分ほど煮出し、こしで濾して飲む。