今月のマアトのおすすめ

1月 エキナセア

スピリチュアル占い師 天野マアトです。  

新年あけましておめでとうございます。
今年はどんな年になるのか、ワクワクしますね。
ちょっと占星術の視点で振り返ってみました。


2020年12月22日、木星と土星のグレートコンジャクションにより「地の時代」が終わりました。
この日を境に「風の時代」になったのは、記憶に新しいと思います。
この宇宙大イベントは250周年期で移動してゆきます。
いっぺんにすべてが変わる、というのではないものの、この一年を通し世界は確実に変化してきました。

風の時代のいわれは 水瓶座は風のエレメント だからです。
それ以前の山羊座は、地のエレメントですから、物質主義的なものは消えてゆく傾向にあります。

所有しない、支配しない、自由、個性の確立など、常識に縛られず自分らしい生き方を目指すようになってゆきました。
それに伴いテレワークやオンラインなど、働き方の変化や、紙幣の価値、キャシュレスの普及も早かったですね。

コロナ禍に拍車がかかり、新しい時代が超高速で構築されようとしている、まさに今は移行期なのです。
タロット大アルカナで示すと、「13、死神」からの「14、節制」へ移行しています。
この変容期は大きなスパンで10年は続くと感じています。

タイトルのエキナセアは節制と関わりがあります。
変化の適応と、両極の調和を助けます。
節制は共生する担い手、ヒーラーになるのです。

エキナセアは上から見ると頭花は円錐状で中心はとがっていて、渦巻き状。
内的な安定と外界の影響や変化から自身を守り、強く生きることを示唆しています。
ドイツでは民間療法として、風邪にはエキナセアと広く伝わっています。

エキナセアのハーブティーはこちら
エキナセアティー15ティーバッグ
エキナセアティー60ティーバッグ
エキナセアティー50g