アーティチョーク(Cynara cardunculus)

アーティチョーク(Artichoke)は、キク科の多年草で、地中海地域原産の野菜です。肥沃な土壌と温暖な気候が好まれるため、地中海沿岸地域で栽培されています。

特徴的な部分は、花蕾(かい)と呼ばれる部分です。花蕾は、大きくて丸い形状をしており、外側には硬い鱗片があります。一般的に、アーティチョークの花蕾を食べる部分は、鱗片の下にある肉厚の部分であり、食べやすい部分です。
アーティチョークは、独特の風味と食感を持ち、生でサラダに使用されることもありますが、一般的には茹でたり蒸したりして調理され、葉を一枚ずつ外して肉厚の部分を食べる方法が一般的です。

料理の他にも、食品の香りやエキスの製造にも使用されます。また、美容製品や健康製品においても、アーティチョークエキスが利用されることがあります。

【概要】

アーティチョーク(学名: Cynara cardunculus)は、キク科の多年草で、茎の根元から広がる大きな葉が特徴です。花蕾は大きくて鱗片状の構造を持ち、食用部分として内部の肉厚な部分が利用されます。
古代ギリシャや古代ローマの時代から栽培されており、料理や薬用として広く利用され、ビタミンC、ビタミンA、鉄分などの主要栄養素がぎっしり詰まっているばかりか、カリウムと抗酸化物質も豊富です。

【成分】

シナリン(Cynarin): アーティチョークに特有の苦味成分であり、肝臓や胆のうの健康をサポートするとされています。
フラボノイド: ケルセチンやルテオリンなどのフラボノイドが豊富に含まれています。これらの成分は抗酸化作用を持ち、炎症を抑制し、免疫機能をサポートするとされています。
インスリン(Inulin): 血糖値をコントロールする作用を持ったホルモンです。
ビタミン・ミネラル: ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB群、カリウム、マグネシウム、鉄などの栄養素が含まれています。

【効能】

消化促進: アーティチョークに含まれるシナリンやインシュリンは、消化酵素の分泌を促進し、腸の動きを活発にすることで消化を助けます。
肝臓保護シナリンやフラボノイドにより、アーティチョークは肝臓の機能をサポートし、解毒効果を持つとされています。
コレステロール調整アーティチョークに含まれる成分が、コレステロールの合成を抑制するとされています。それにより、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の低減やHDLコレステロール(善玉コレステロール)の増加に貢献すると考えられています。
血糖値調整アーティチョークの成分は、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。糖尿病の管理や予防に役立つとされています。
抗酸化作用フラボノイドやビタミンCなどの抗酸化成分が豊富に含まれており、細胞の酸化ストレスを軽減し、健康な細胞機能を保つ効果があります。

【飲み方】

ティースプーン山盛り1杯(約2g)に熱湯150mlを注ぎ、蓋をして5~10分間抽出してください。