キャッツクロー(Cats Claw)

キャッツクロー(Cats Claw)は、ペルーやアマゾンの熱帯雨林地帯に自生する植物で、伝統的な民間薬として使用されてきたハーブです。アマゾンの先住民はキャッツクローをリウマチや胃潰瘍、ガンなど様々な疾病に用いてきました。WHO(世界保健機関)では伝統的な薬用植物の再評価を進めており、1994年には副作用の少ない抗炎症剤として認めています。

概要

キャッツクロー(学名: Uncaria tomentosa)は、ウルシ科のUncaria属の植物で、主に南アメリカに見られます。その名前は、茎がネコの爪のように見えることに由来しています。一般的に、根や茎の内部から取られた植物成分が利用されます。

成分

オキサインアルカロイド(Oxindole alkaloids):ラブラカンアルカロイド(rubiaceae alkaloids)の一部で、免疫調節作用を持つとされています。
プロカテコイルカテキン(Procyanidins):抗酸化作用があり、健康維持に寄与します。
クァンモロン(Quinovic acid glycosides):抗炎症効果を持つとされています。

効能

免疫調節:オキサインアルカロイドが免疫系をサポートするとされています。
抗酸化:プロカテコイルカテキンが細胞を酸化ストレスから守るとされています。
抗炎症:クァンモロンによる抗炎症効果が報告されています。
関節の健康:関節の炎症緩和に寄与する可能性があります。

飲み方

キャッツクローは、一般的にサプリメントや茶として摂取されます。ただし、具体的な用量や飲み方は商品や製造元によって異なる場合がありますので、製品のラベルや指示に従って摂取することが重要です。