チコリ(Chicory)

【概要】

チコリはキク科の野菜で、ヨーロッパに自生するタンポポ族の仲間です。別名ではキクニガナやシコレ、アンディーブなど、さまざまな呼び方があります。高さが約30〜100センチメートルに達し、葉は典型的には広い楕円形で、花は青や紫色をしています。チコリの根は一般的にローストや乾燥され、コーヒーの代替品として使用されることがあります。また、葉はサラダや料理に加えられ、ハーブとしても使われます。
利尿作用や便秘解消効果によって体内の余分なものを排泄し、その結果、むくみの解消や内臓機能の向上に対して有効といえます。

【成分】

タンニン:肌を引き締める効果が期待できる栄養素です。
インリン(Inulin):チコリの根に豊富に含まれる食物繊維であり、消化器官の健康をサポートし、便秘の緩和に役立ちます。
ビタミン:ビタミンCやビタミンKなどのビタミン類が含まれています。
ミネラル:カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

【効能】

消化促進:チコリに含まれる食物繊維は消化を助け、便秘の緩和に役立ちます。
肝臓のサポート:チコリは肝臓の健康をサポートするとされ、肝臓機能を向上させる可能性があります。
血糖値の調節:一部の研究では、チコリの摂取が血糖値を安定させる効果があることが示唆されています。これは糖尿病の管理に役立つ可能性があります。
抗炎症作用:チコリには抗炎症作用があり、関節炎や炎症性疾患の症状の軽減に役立つ可能性があります。
むくみ改善:利尿作用があるため、むくみ改善につながります。

【飲み方】

チコリコーヒー
チコリの根をローストして挽いたものは、コーヒーの代替品として使用されます。独特の風味があり、カフェインを含まないので、カフェイン過敏症の人やカフェインを避けたい人に適しています。

チコリティー
チコリの根や葉を乾燥させてハーブティーとして利用することもあります。熱湯にチコリを浸して数分間蒸らし、飲みます。はちみつやレモンを加えて風味を調整することができます。

料理
葉を1枚ずつはがしてサラダやオードブルにするほか、ブイヨンで蒸し煮にしたり、バターソテーにしたりして食べられることが多いです。