クランベリー(Cranberry)

クランベリーはヨーロッパや北米の寒冷地に生育するツツジ科の常緑低木で赤い果実をつけます。
古くから膀胱炎や尿道炎などの泌尿器科系の感染症屋尿路結石、ビタミンC欠乏症、赤痢などの予防に用いられてきました。

【概要】

クランベリーは、北アメリカ原産の赤い果実を持つ低木で、ツル性の植物です。
英名は”Cranberry”で、学名はVaccinium macrocarponです。
古くから先住民によって利用されてきた健康に良い果実として知られています。現在では、世界中で栽培され、生食だけでなく、ジュースやサプリメントとしても利用されています。

【成分】

・プロアントシアニジン:強い抗酸化作用があり、大腸菌など感染症の原因となる菌が泌尿器の粘膜に粘着するのを防ぐ働きがあります。
キナ酸
・食物繊維:腸内の環境を整え便秘の解消などに役立ちます。
ポリフェノール: クランベリーにはフラボノイドやプロアントシアニジンといったポリフェノールが豊富に含まれています。
ビタミンC: 抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれています。
プロビタミンA: 抗酸化作用のあるビタミンAの一種であるβ-カロテンが見られます。

【効能】

尿路感染症の予防: クランベリーに含まれる特定の成分が、尿路に細菌が付着するのを防ぐとされ、尿路感染症の予防に効果があるとされています。
整腸作用:便秘解消
抗酸化作用: クランベリーに含まれるポリフェノールやビタミンCは抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を中和することで免疫力を高める効能があります。
心血管への効果: ポリフェノールが心血管機能を改善する可能性があります。
アンチエイジング:抗酸化作用は紫外線ストレスを緩和し、シミやしわを防いだり、細胞を維持してハリを保つ働きがあります

【飲み方】

クランベリージュース
クランベリージュースは市販されているものが多く、尿路感染症の予防や抗酸化作用を期待することができます。ただし、砂糖が多く含まれる場合もあるので、できるだけ無糖のものを選ぶことが望ましいです。

クランベリーサプリメント
クランベリーのサプリメントも市販されており、カプセルや錠剤形式で利用できます。適切な摂取量を守って使用することが大切です。
注意点として、クランベリーを過剰に摂取することは胃腸に影響を与える場合があるため、適量を守るようにしてください。