ディル(Dill)

ディル(Dill)は、細かく刻んだ緑色の葉や種子を持つハーブであり、料理や医学的な用途に広く使用されています。

【概要】

学名はAnethum graveolens。地中海地域原産で、ヨーロッパやアジアでも広く栽培されています。細かい緑色の葉を持ち、花が咲くと黄色い傘形の花をつけます。フレッシュでシトラス風味があり、若干甘く、アニスやセロリに似た香りがあります。
ディルには胃腸のはたらきを調整する効能があり、消化を助けて胃もたれや腹痛を緩和してくれる作用や、消化器系の問題、口臭など様々な病気の治療に使われてきました。

【成分】

精油:カルボン、リモネン、などが含まれており、これらが香りや風味を提供します。
・ビタミンA
・ビタミンC
・カルシウム
・鉄
・マグネシウム

など

【効能】

消化促進:ディルには消化を助ける効果があります。
抗菌作用:ディルの精油には抗菌作用があり、食品保存や料理の衛生面で役立ちます。
抗酸化作用:ビタミンCを豊富に含んでおり強力な抗酸化作用があることもわかっています。心臓病や癌の予防などにも効果があると考えられています。
リラックス効果:精油成分のリモネン・カルボンが含まれ、脳内でリラックス時に出るα波が放出されることが報告されています。不眠の改善にも役立ちます。

【使い方】

ディルの葉は新鮮なまままたは乾燥させて使用します。葉はフレッシュなサラダ、ソース、サンドイッチ、スープに加えることができます。
ディルの葉や種子は、料理の最後の数分間に加えることが一般的です。加熱しすぎると香りや風味が失われるため、加熱前に加えるか、料理の最後に加えることがおすすめです。

ディルは、その独特の風味と多彩な用途から、料理の味付けや装飾、健康効果のために幅広く利用されています。