ガーリック(Garlic)

ガーリック(にんにく)を食料として、また薬剤として用いた歴史はエジプトのファラオの時代まで遡ります。ピラミッドの建設に従事捺せられた奴隷にはスタミナ源としてガーリックが与えられたことが記録に残されています。


【概要】

ガーリック(にんにく)は、 学名Allium sativumという植物から得られるハーブであり、世界中で広く栽培されています。その特有の強い香りと味わいは、料理や健康効果のために多く利用されています。古代から薬効が認知されており、現代の研究でも多くの健康効果が示唆されています。
ガーリックはそのままでは無臭ですが砕くと特有の刺激臭を発します。これは組織中の無臭の含硫アミノ酸であるありインが酵素のアリナーゼの作用を受けて刺激臭のあるアリシンに変化するためです。

【成分】

アリシン(Allicin):抗菌・抗酸化作用を持つ成分。
アリルシステイン:血液をサラサラにする効果があるとされる。
ビタミン:ビタミンCやビタミンB6が含まれています。
ミネラル:セレン、カルシウム、鉄などが含まれています。


【効能】

心臓血管系の健康:ガーリックは血液の循環を改善し、血圧を下げるとされています。
免疫力の向上:抗酸化作用により、免疫力をサポートします。
抗菌・抗ウイルス効果:ガーリックには強力な抗菌・抗ウイルス成分が含まれています。
風邪やインフルエンザの予防:免疫力を高めることで風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。
血糖値の調整:糖尿病患者にとって血糖値の調整に効果的とされます。

【飲み方・食べ方】

生のガーリックを食べる
料理に刻んだりすりおろしたりして生のガーリックを摂取します。

ガーリックサプリメント
ガーリックエキスを含むサプリメントを利用します。

ガーリックティー
にんにくを煮出して飲むこともあります。蜂蜜やレモンを加えて味を調えることもできます。