イチョウ(Ginkgo biloba)

イチョウは、中国原産の落葉樹であり、現代では世界中で栽培されています。
現存する唯一のイチョウの種であり、恐竜時代から存在し続けた生き証人とされています。
葉は扇状で特徴的な形状をしており、美しい黄金色に変化することから観賞用としても栽培されます。

【概要】


イチョウ(学名: Ginkgo biloba)は、古代から存在する生物学的に興味深い植物であり、ハーブとしても広く利用されています。
イチョウは脳の血管性病へを原因とする脳血管型認知症のいずれにも効果が認められており、ほかにもめまいや耳鳴り、抗うつなどに効果があり、さらに血液循環を促進するため冷え性や糖尿表性網膜症、腎炎、神経叢街など糖尿病の合併症の予防にも用いられます。我が国でも長寿の象徴とされています。

【成分】

  • フラボノイド: イチョウフラボノイドと呼ばれるグルコシド類が含まれており、抗酸化作用を持ちます。
  • テルペノイド: ギンコロールやビロバロールなどのテルペノイドが含まれており、血行を促進する効果があります。ギンコ酸: 毒性のあるシアン化合物を含まず、胃腸の働きを助ける働きがあります。
  • グリコシド: ギンコビラリンやイソギンコビラリンなどの有機酸と結合した成分が含まれています。

【効能】

血行促進:イチョウの成分が血管を拡張し、血液の流れを改善するため、脳への血流を増加させ、冷え症の改善にも効果があるといわれています。
認知機能の改善:
血行促進により、認知機能や学習能力の改善が期待されます。アルツハイマー病や脳梗塞後の回復に対する一定の効果が示唆されています。
抗酸化作用:
フラボノイドの抗酸化作用により、細胞の酸化ストレスを軽減し、老化の防止に寄与します。
血管拡張作用:
イチョウの成分が血管を拡張させ、血液の流れをスムーズにすることで、末梢血行を改善します。
血栓予防:
血行促進と抗凝固作用により、血栓の予防に寄与します。

【飲み方】

イチョウは、一般的にサプリメントやエキスの形で利用されることが多いですが、葉や種子を使ったお茶や調剤の形でも摂取することができます。

お茶
イチョウの葉を煮出してお茶として飲むこともできます。お茶パックや乾燥したイチョウの葉を使って、通常のお茶と同じように作れます。

サプリメント
イチョウのサプリメントは、通常、推奨される用量に従って摂取します。製品のラベルや医師の指示に従って正確な用量を確認しましょう

エキス
イチョウのエキスは、水や他の飲み物と混ぜて摂取することができます。また、クッキーやキャンディなどの食品に混ぜることもできます。