ホーソン(Hawthorn)

ホーソン(Hawthorn)は、バラ科の植物で、主にヨーロッパ、アジア、北アメリカに自生している低木や小高木で、白い花と小さな赤い果実が特徴的です。薬用や食用として広く使われています。

【概要】

ホーソン(学名: Crataegus)は、薬用として古くから使われ、古くから動悸、息切れ、心臓の痛みなど心臓をとりまく様々な症状に用いられています。心臓のポンプの働きを強化し、心臓に出入りする血流量を増加させたり血管そのものを健やかに保つことによります。
安全性が高く長期にわたって穏やかに作用するため、心臓血管系の疾患に対する穏和な植物性治療薬として確固とした地位を築いています。

【成分】

フラボノイド: 血管を拡張し、循環を改善する助けとなる。
OPC(オリゴメックプロアントシアニジン):強力な抗酸化作用やコラーゲン合成の促進作用があります。
・カテキン
・サポニン
・タンニン

【効能】

心臓血管系への効果
 血圧の調整:フラボノイドが血管を拡張し、血圧を下げる助けになる。
 心臓強化: 心臓の収縮力を向上させ、心臓の健康を維持する。

抗酸化作用
 フリーラジカルの除去:抗酸化物質が体内の酸化ストレスから細胞を保護する。

【飲み方】

ハーブティー
乾燥したホーソンの花や葉を使用してハーブティーを作る。
1日に2-3杯程度が一般的。食事前後に摂ると良い。

サプリメント
ホーソンのサプリメントも市販されており、製品の指示に従って摂取する。

トニック
ホーソンのエキスを用いて心臓血管系のサポートを目的としたトニックを作ることも可能。