ヒース(Heathe)

ヒース(ヒース、Erica)は、ヘルスケアはもちろんのこと花から取る色素は染料にもなり幅広い用途に活用できます。日本では「ギョウリュウモドキ」や「エリカ」とも呼ばれています。

【概要

主にヨーロッパ、アフリカ、南アメリカなどで見られる低木や多年生植物で、さまざまな種類が存在します。葉や花はさまざまな色と形を持ち、一般的には酸性の土壌で育つことが多いです。庭園や景観の美化に利用される一方で、一部の種類は伝統的な薬草としても使用されています。
主に利尿作用があり、泌尿器を浄化する働きがあるため、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器の感染症に役立ちます。

成分】

・ヒドロキノン配糖体(アルブチン、メチルアルブチン)
・フラボノイド
・タンニン
・カロチン
・ミネラル

効能

利尿作用:一部のヒース種は利尿作用があり、むくみの軽減に寄与します。
美白効果:お肌の新陳代謝を促し、シミやしわの原因であるメラニンの生成を阻害します。
腎臓機能改善:尿酸の排出を促すため、痛風やリウマチなどにも効果があります。

飲み方

・ヒースの乾燥した花や葉(約1-2ティースプーン)をカップに入れます。
・お湯を沸騰させ、ヒースに注ぎます。
・蓋をして約5-10分間、薬草が香りと風味を放出するのを待ちます。
・カップからヒースを取り出し、甘味料やレモンを加えてお好みの風味をつけることができます。