ラベンダー(Lavender)

ラベンダーは地中化沿岸に自生するしそ科の半低木で、清楚な芳香を放つ青い花をつけます。
香りの良さとその美しさから「ハーブの女王」と呼ばれてきました。精油はリラックスを目的としたオイルマッサージに繁用されます。

【概要】

ラベンダー(Lavandula)は、シソ科に属する植物で、主に花や葉を利用してハーブとして使用されています。その独特の香りと美しい花で知られています。ハーブティーやポプリ、ハーバルバスやアロマコスメなどさまざまな使い方ができます。

【成分】

リナロール:睡眠を促すリラクゼーション効果
カンファー(Camphor):抗菌・抗炎症作用があり、清涼感をもたらします。
ピネン(Pinene):気分をリフレッシュさせる効果があります。

【効能】

リラックス効果:ラベンダーはその香りからくるリラックス効果があり、ストレスの軽減や不安症状の緩和に役立ちます。
睡眠促進:ラベンダーの香りは安眠効果があり、枕や部屋に香り袋を置くことで良い睡眠の促進が期待されます。
抗菌・抗炎症作用:カンファーを含むラベンダーには抗菌・抗炎症作用があり、傷口の消毒や軽い皮膚トラブルの緩和に使われます。

【飲み方】

ラベンダーは一般的には主に香りとして利用されますが、ティーとしても摂取することができます。
ティーカップにドライラベンダーを小さじ1程度入れ、お湯を注ぎ、5分ほど蒸らす。
蜂蜜やレモンで味を調えてお飲みください。