リコリス(Liquorice)

リコリス(Licorice)は、別名甘草(かんぞう)ともいわれます。マメ科に属する植物で、主に根を利用します。この植物は主にアジアとヨーロッパに自生しています。リコリスの根は甘味を持っており、独特の風味があります。

【概要】

砂糖の50倍の甘さを持つ植物で、伝統的には医療や料理に使用されています。
中国ではのどの痛みや喘息、いや十二指腸の潰瘍に用いられてきました

外用でも、皮膚炎、やけど、口内炎、およびニキビなどに広く利用されてきています。

【成分】

グリチルリチン酸(Glycyrrhizin):リコリスの根の主要な成分で、甘味を与えます。ただし、大量に摂取すると血圧を上昇させる可能性があります。
フラボノイド:抗酸化物質であり、抗炎症作用があります。
クマリン:血液をサラサラにする効果があるとされています。
カルボハイドラート:エネルギー源として利用されます。

【効能】

抗炎症作用:フラボノイドやその他の成分により、炎症を和らげる効果があります。
咳止め:咳を和らげ、気管支を落ち着かせる効果があるとされています。
免疫強化:抗酸化作用が免疫機能をサポートする可能性があります。
肝臓機能を高める:主成分のグリチルリチンが肝臓でグルクロン酸に代謝されるため、グルコースからグルクロン酸を作る手間が省く役割があります。
リラクゼーション効果:心を落ち着かせ、身体・感情両面をリラックスさせる鎮静作用があります。

【飲み方】

リコリスティー
乾燥したリコリスの根を使ったお茶。お湯に漬けて、煮出してから飲みます。咳やのどの痛みを和らげるために利用されます。

ブレンドハーブティーにすると飲みやすいです。

注意事項

血圧上昇: 過剰な摂取は血圧を上昇させる可能性があります。
妊娠中の摂取: 妊娠中は避けるべきです。
持病のある方: 既存の健康状態や薬物治療によっては避けるべき場合があります。医師に相談してください。