パッションフラワー(Passion flower)

この植物は美しい花を咲かせ、その名前はキリストの受難を表現するために使用されました。パッションフラワーの花は特に魅力的で、その萼には魅惑的な模様があります。
この植物は伝統的にハーブ療法で使用されてきました。

概要

パッションフラワーは、南アメリカ原産のつる性の植物で、学名は「Passiflora incarnata」です。
すぐれた鎮静作用と精神安定作用があり、神経系をリラックスさせ眠りやすくするため、神経性の不眠症に有効です。また、頭痛や高血圧などにも効果があります。
パッションフラワーが持つ抗痙攣作用は、ひきつけ、てんかんにも効果を発揮するとされています。
また、薬を使用するより作用が穏やかなため、子どもや高齢者も安心して使用することができます。

成分

フラボノイド
フラボノイド配糖体
アルカロイド:ハルコニンなど

効能

リラクゼーションと不安緩和:パッションフラワーは、不安やストレスの軽減に役立つとされ、リラックス効果があると言われています。
睡眠の改善:不眠症や睡眠障害の緩和に対して、安全で自然な方法として使用されます。
抗鎮静作用:パッションフラワーは、鎮静薬や抗不安薬の代替として使われ、副作用が少ないとされています。
抗痙攣作用: 一部の人々は、てんかんや筋肉痙攣の症状緩和のために使用します。

飲み方

ハーブティー
乾燥したパッションフラワーの葉を使ってハーブティーを作ることができます。1杯のお湯に1〜2ティースプーンの乾燥葉を入れて、約10分間蒸らして飲みます。不安や不眠症の際に効果的です。

液体エキス
パッションフラワーの液体エキスを服用することもできます。通常、1日に数滴から数ミリリットルを指示通り服用します。この形態は即効性があることがあります。

カプセルまたは錠剤
パッションフラワーのサプリメントも市販されており、指示通り服用します。通常は食事と一緒に服用します。