サフラワー(Safflower)

日本では「ベニバナ」と呼ばれ、広く親しまれてきたサフラワーは、古代エジプト時代から用いられてきた歴史あるハーブです。女性特有の症状軽減の効能も期待できるといわれています。

【概要】

サフラワー(学名: Carthamus tinctorius)は、アスター科に属する一年生または二年生の植物です。日本では紅花(ベニバナ)とよばれ古くより親しまれています。
主に乾燥した花びらからサフラワーオイルが抽出され、料理や健康に利用されます。
花の色素から赤色の染料を作るためにも使用したり、血行を促進し、鬱血を除く漢方薬として用いられるため、冷え症や更年期障害などの治療に用いられています。

【成分】

・リノール酸(オメガ-6脂肪酸)
ビタミンE
フラボノイド
・ポリフェノール

【効能】

健康な皮膚: サフラワーオイルは、リノール酸の豊富な供給源として知られており、健康な皮膚の維持に役立つとされています。皮膚の保湿や炎症の軽減に寄与することがあります。
心臓健康: オメガ-6脂肪酸の一種であるリノール酸は、適切な摂取量で心臓健康を支援するとされています。ただし、バランスの取れた脂肪酸摂取が重要です。
抗酸化作用: サフラワーオイルにはビタミンEなどの抗酸化物質が含まれ、細胞への酸化ストレスを軽減する可能性があります。

【食べ方】

料理への利用
サフラワーオイルは主にサラダドレッシングや調理用の油として利用されます。
加熱に強い性質があり、高温調理にも適しています。

 注意点
オメガ-6脂肪酸の過剰摂取は、オメガ-3脂肪酸とのバランスを崩す可能性があるため、適切なバランスを保つことが重要です。