ティートリー(Tea tree)

ティートリー(ティーツリー、ティーツリーオイル、Melaleuca alternifolia)は、オーストラリア原産のハーブで、その葉から抽出されるエッセンシャルオイルはさまざまな健康効果があるとされています。

概要

ティートリーは、オーストラリアの先住民族が伝統的に使用してきたハーブで、抗菌、抗炎症、抗真菌、抗ウイルスなどの効果があるとされています。主にエッセンシャルオイルとして利用され、皮膚ケア、健康増進、アロマセラピーなどに広く用いられています。
ティートリーの精油はインフルエンザの感染症の予防に蒸気吸入で局所の消毒にローション剤としても利用されます。

成分

・テルピネン-4-オール
・α-テルピネン
・1,8-シネオール
・ピネン
・シトロネロール

効能

抗菌作用:皮膚の感染症や傷口の清潔保持に役立ちます。
抗真菌作用: 真菌感染症(例:水虫、爪白癬)の対策に効果的です。
抗炎症作用: 皮膚の炎症を軽減し、湿疹や虫刺されのかゆみを和らげます。
抗ウイルス作用: インフルエンザや風邪の症状の緩和に役立つことがあります。

【使い方】

皮膚への塗布
ティートリーオイルを希釈して、皮膚に塗ります。例えば、キャリアオイル(オリーブオイル、ココナッツオイルなど)と混ぜて使用します。

アロマセラピー
ディフューザーに数滴のティートリーオイルを入れ、部屋中に香りを広げます。