ワサビ(Wasabi)

【概要】

ワサビ(Wasabia japonica)は、日本原産の植物で、主に根茎が利用されます。一般的に、辛味があり、独特の香りを持つことで知られています。寿司や刺身など、日本料理でよく使われます。

【成分】

イソチオシアネート:ワサビの辛味の主要な成分で、抗菌作用や抗酸化作用があります。
ビタミンC:抗酸化作用に富み、免疫機能をサポートします。
ファイトケミカル:がん予防などに関与する可能性がある植物由来の化学物質。
グルコシノレート:糖質と結びついた形態で、抗酸化作用を持つ。

【効能】

殺菌作用:イソチオシアネートは抗菌作用があり、食中毒の予防に寄与します。
抗酸化作用:ビタミンCやファイトケミカルが含まれており、細胞を酸化から守ります。
抗炎症作用:ワサビに含まれる成分が炎症を抑制する可能性があります。
血圧調整:一部の研究では、ワサビが血圧を調整する助けになる可能性が示唆されています。

【飲み方】

調味料として
寿司や刺身に付けて食べるのが一般的。醤油と混ぜてワサビ醤油を作ることもあります。

ペーストとして
ワサビの根をすりおろしてペーストにし、料理に加えたり、ソースとして使用します。

香辛料として
さまざまな料理に少量加え、風味をプラスします。

ドリンク
ワサビの成分を摂取するために、ジュースやスムージーに加えることもあります。