季節のおすすめジェモエッセンス

ジェモセラピーとは、フランスで確立された新しい植物療法です。
樹木の蕾や新芽に存在する将来お花や葉や果実になる可能性のある植物幹細胞を含んだ、植物の有用成分、栄養分、全てのエネルギーを丁寧に抽出したジェモエッセンスをお水に垂らして飲むことで、心や身体を整えていきます。

エルビオリス社のミックスジェモエッセンス全17種類は、有機カシスの発酵液がベースとなり、ハーブのエッセンスと、新芽や蕾のエッセンスで作られています。カシスの持つ抗酸化力によるアンチエイジングが期待でき、カシスが発酵されることにより植物の栄養成分を最大限に引き出すことができるため、活力を上げながらセルフケアをすることができるのが最大の特徴です。また、植物に感謝して全て手作業で丁寧に作られたエルビオリス社のジェモエッセンスは、フランスの厳しい有機認証を全てクリアしている製品です。

ジェモエッセンスは成人の場合、朝晩15滴ずつ、お水に垂らして飲むだけとシンプルな方法なので、忙しい方やセルフケアがなかなか続けられないという方にもおすすめです。

また、赤ちゃんからお年寄り、大切なペットのケアにも取り入れていただくことができます。

※当サイト内で販売しているHerbiolys(エルビオリス)ジェモセラピー製品は、日本での成分検査を通過しており、日本の製品として正式に販売許可を取得している商品です。 

6月、梅雨入りの季節がやってきました。恵みの雨はありがたいですが、湿度が高くなりジメジメが続くと、私達の心や身体は影響を受けることがあります。
女性のホルモンバランスの調和へ。
どの年代の女性でもサポートしてくれるおすすめのジェモエッセンスはメノリスです。
コケモモのジェモやラズベリーのエキスが女性の身体のバランスを内側から整えてゆきます。
生理痛や更年期など、辛さでお悩みの方には特におすすめです。
更年期のホットフラッシュ、寝汗、頭痛、イライラ、落ち着かない、気分の浮き沈み、
そして骨密度の低下による二次的影響の予防としてもおすすめです。

全ての女性におすすめしたいメノリス。ぜひ1本飲み続けてお試しください。
ジェモセラピーの摂り方は、とてもシンプル。
成人の場合ジェモエッセンスを朝晩15滴ずつお水に垂らして飲むだけ。
忙しい方でも、お水とジェモエッセンスがあれば簡単にセルフケアができて、殆どの方が続けやすいとおっしゃってくださいます。
3週間続けたら1週間のお休みを入れてください。そうすることで、本来持っている自己治癒力が引き出されてゆきます。1本50mlで約2ヶ月位持ちます。
カシスの発酵エキスがベースとなっているので、美味しく水分補給をしていただけます。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

その他のジェモエッセンスをみるには

桜が開花し、春の到来です。
植物たちは芽吹き、新葉を伸ばし始めました。
ポカポカ陽気の中、ウォーキングなど体を動かしたくなる季節ですね。
関節が痛むなどトラブルでお悩みの方におすすめのミックスジェモエッセンスは、アーティキュロスです。


セイヨウトネリコやカシスのエキスは、抗炎症と不老長生のために。
スギナはトネリコとカシスの働きを増強し、関節への負担を軽減してくれます。
また、セイヨウシロヤナギとセイヨウナツユキソウは2種の相乗効果により、疲労で体内に蓄積された毒素をより効果的に排出することを助けてくれます。
春は冬の間体内に溜め込んだ老廃物を排出する大掃除の季節でもあります。
体を動かす喜びをアーティキュロスと共に。
1本飲み続けてお試しください。


ジェモセラピーの摂り方は、成人の場合ジェモエッセンスを朝晩15滴ずつお水に垂らして飲むだけ。
3週間続けたら1週間のお休みを入れることで、本来持っている自己治癒力が引き出されてゆきます。
1本50mlで約2ヶ月位持ちます。
美味しい水分補給にも役立ちます。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

その他のジェモエッセンスをみるにはこちら

3月に入り、樹木や植物も春の準備をしている様子が見られるようになりました。
気温が上がり、花粉が飛び始めました。
花粉症にお悩みの方にはお辛い季節です。
目鼻や耳がすっきりしない時におすすめのミックスジェモエッセンスは、シノリスです。

目鼻の辛い炎症・症状のために、フランスのエルビオリス社で研究されたシノリス。
体全体の免疫力にアプローチするカシスやイヌバラのジェモ(新芽のエッセンス)と、高い抗酸化力と抗菌力を持ったプロポリスのエキスに、更に抗菌・殺菌や抗ウィルスの作用も高いラベンダーとタイムのハーブエキスも加わり、喉の痛みや、洞内を落ち着かせて、塞がらないように助けてくれます。

結果、鼻水やイビキも抑えられていきます。
ペットの目鼻の詰まりからくる涙やけもシノリスできれいになることがあります。

花粉の飛ぶ季節の少し前から飲むことをおすすめしているアレルゴリスと共に、目鼻の辛い炎症・症状のために、フランスのエルビオリス社で研究されたミックスジェモエッセンスのシノリスを、ぜひ1本飲み続けてお試しください。

ジェモセラピーによるセルフケアはとても簡単でシンプル。
ジェモエッセンスを成人の場合、朝晩15滴ずつお水に垂らして飲むだけ。
食事中ではなく食間に摂るようにします。
3週間続けたら1週間のお休みを入れることで、本来持っている自己治癒力が引き出されてゆきます。
1本50mlで約2ヶ月位持ちます。


体への体感と合わせて心にも変化を感じることでしょう。
心へのセラピーをもたらしてくれるジェモセラピー。
植物の持つやさしさやメッセージも感じながら、飲まれてみてください。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

2月に入り立春を過ぎる頃から、日差しにも少しずつ、春が近づいているのを感じる日が出てきます。
それでも気温はまだまだ低く、体は冷える時期です。
コロナ禍で外出を控える日が増えると運動量が少なくなり、リモートでデスクワークが多くなると、足のむくみ、肩こり、目の疲れなど体にも影響が出やすくなります。体を冷やさないように意識してセルフケアしていきましょう!

手足の冷えやむくみ、足の重みや疲れが気になる方に。
集中力をあげたい時に。おすすめのミックスジェモエッセンスは、「ヴェイノリス」です。
セイヨウトチノキ、アカブドウ、ナギイカダのエキスは血や体液の巡りを促してくれます。イチョウのエキスは、循環系の機能をサポートしてくれたり、記憶障害にも老化防止にも役立ちます。
血管を健康にすることで、足取り軽く過ごせるようになるでしょう。
まずは1本を飲み続けてお試しください。

ジェモセラピーは、ジェモエッセンスをお水に垂らして飲むだけ。
成人の場合、朝晩15滴ずつお水に垂らして飲みます。
食事中ではなく食間に摂るようにします。
3週間続けたら1週間のお休みを入れることで自己治癒力が引き出されていきます。
上記のペースで飲み続けた場合、1本50mlで約2ヶ月位持ちます。
ジェモセラピーを飲むことで、スッキリとした体感と合わせて、心にも変化を感じるかもしれません。
心へのセラピーが期待できることもエルビオリス社ジェモセラピーの魅力です

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ライン3-1.png

 

新年を迎えたばかりですが、春先にアレルギー反応でお悩みをお持ちの方は今の時期から少しずつハーブの力をいただいて準備をしていきましょう。
花粉による症状で辛い方、アレルギー体質の方に、おすすめのミックスジェモエッセンスは、アレルゴリスです。
ヨーロッパでは古くから「解毒万能薬」として知られているカシスのエキスが、シラカバの樹液との相乗効果でドレナージュ(老廃物の排出)を促してくれます。
また、オオバコのエキスはアレルギー反応を鎮めてくれます。
クルミのジェモ(新芽のエッセンス)が他のエキスの作用を増強し腸内環境を整えてくれるため、辛いアレルギーによる症状を緩和してくれます。
ジェモセラピーは、ジェモエッセンスをお水に垂らして飲むだけ。
とてもシンプル&スマートに、簡単にセルフケアができます。
ジェモエッセンスは、成人の場合、朝晩15滴ずつお水に垂らして飲みます。
3週間続けたら1週間のお休みを入れることで自己治癒力も引き出されていきます。
上記のペースで飲み続けた場合、1本50mlで約2ヶ月位持ちます。
花粉が飛ぶ時期の前からの飲用がおすすめです。まずは1本、お試しください。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

気温も下がり寒さと乾燥が気になり始める季節がやってきました。
免疫力を高めつつ、ウィルスや細菌から身を守り風邪をひかないように殺菌に優れたハーブの力を取り入れて過ごしましょう。
風邪の予防にも、風邪をひいてしまった時にも、おすすめのミックスジェモエッセンスは、ミコリスです。
タイムやラベンダーのエキスは殺菌や抗真菌の作用に優れていて、細菌や真菌類などの増殖を抑えてくれます。また、同様の作用をもつセイボリーやユーカリのエキスも含まれています。ローズマリーのエキスは肝臓・消化機能と、体内の抗酸化をサポートします。
忙しい毎日の中でも、ジェモセラピーならばジェモエッセンスとお水があれば簡単にセルフケアができます。

ジェモエッセンスをお水に朝晩、成人の場合15滴ずつ垂らして飲みます。
3週間続けたら1週間のお休みを入れて飲んだ場合、1本50mlで約2ヶ月位持ちます。

インフルエンザや風邪が流行る季節は、イミュノリス、ミコリスをセットで飲むこともおすすめです。そして、生活習慣も意識しながら、身体を温め、栄養や適度な運動、睡眠をたっぷりとって、快適に過ごしていきましょう。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

秋になり少しずつ気温が下がってきました。朝晩は寒くなる季節がやってきましたね。
今年の冬はインフルエンザや風邪が流行るのか気になるところですが、そのような時期に。ウイルスやその他病原菌の攻撃から身体を守り、免疫力を高めるおすすめのミックスジェモエッセンスは、イミュノリスです。
ゲンチアナ(リンドウ)のエキス、セントーリー(ベニバナセンブリ)のエキスは活力アップと消化を促してくれます。また、エキナセア(ムラサキバレンギク)のエキスは免疫系機能の促進、感染の繰り返しを予防してくれます。

これらのハーブエキスは相乗効果でお互いの機能を高めあっています。
ジェモセラピーの取り入れ方は、ジェモエッセンスを朝晩お水に垂らして飲むだけ。
食事中ではなく食間に摂るようにします。
例えば、こんなサイクルはいかがでしょうか?
朝起きて最初にお水を飲むときに朝のジェモ。夕方前に晩のジェモ。
お水を摂る習慣にも繋がります。
そして、3週間続けたら1週間のお休みを入れます。
このお休みが入ることで身体が本来持っている自己の力に働きかけていきます。
まずは1本を続けて飲用してみてください。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

暑かった夏にしっかり食べて乗りきった私達の身体には様々な食生活を通して、必要な栄養素を取れたとしても、毒素や重金属がうまく排泄できずに溜まっているかもしれません。現代の日常生活やストレスを感じる環境も影響しているとしたら、春だけではなく、秋にも身体のお掃除をしてあげるとよいでしょう。重金属や毒素を溜め込んだ身体のお掃除と浄化におすすめのミックスジェモエッセンスは、ドレノリスです。ヨーロッパナラやセイヨウクルミのエキスは活力を高めてくれます。エルダーフラワーやナガバギシギシのハーブエキスは、利尿・発汗を促してくれますし、シーフェンネルのハーブエキスと共に老廃物排出のサポートをしてくれます。これらのハーブエキスの相乗効果で余分な体重を落としやすくなります。

ジェモセラピーの取り入れ方は、ジェモエッセンスを朝晩お水に垂らして飲むだけ。3週間続けたら1週間のお休みを入れることで、身体が持つ本来の自己の力に働きかけながらケアができます。
まずは1本、続けて飲用してみてください。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

厳しい夏の暑さとマスク生活も、9月に入り暑さがおさまったことで体は少し楽になりましたが、それでもコロナが猛威を振るう中での制限と緊張のある毎日には、誰もがストレスと不安を抱えている状況と言えます。
ストレスやイライラ、不安を感じている時に、
ストレスが溜まっている方に、
おすすめのミックスジェモエッセンスは、デタントリスです。

ギンヨウボダイジュのジェモエキスは、心や神経を鎮めて、入眠をそっと促してくれます。
また、パッションフラワーやメリッサ(レモンバーム)、セイヨウサンザシ(ホーソン)
のハーブエキスが、精神を安定させてリラックスをもたらし、心の緊張をゆるめて、より深い休息を得られます。
セントジョーンズワートのハーブエキスは、気分の落ち込みを防いでくれます。
※セントジョーンズワートは、お薬によってはその効きを弱めてしまうことがあります。
お薬を服用されている方は、医師に相談の上飲用してください。


ジェモセラピーの取り入れ方は、ジェモエッセンスを朝晩お水に垂らして飲むだけ。
とてもシンプルにセルフケアができます。
デタントリスには、スプレータイプのデタントリスレスキューもあります。
必要と感じた時に、振ってから数回スプレーして摂取してください。

     デタントリスレスキュー | Detentolys Herbiolys A1(スプレータイプ)

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

肝臓強壮と消化促進をサポートするハーブのエキス、そしてカシスの発酵エキスが含まれているダイジェストリスは盛夏におすすめのミックスジェモエッセンスです。
ローズマリーやアーティーチョークのエキスは肝臓を強化し毒素排泄をサポートしてくれます。

セイヨウタンポポのエキスも肝臓強壮と胆汁分泌を促して消化不良を助けてくれます。
ゲンチアナのエキスは活力アップや消化促進、免疫力アップを助けてくれます。
ペパーミントとアンジェリカのエキスは、消化機能を助け、活性化し、活力アップをサポートしてくれます。
お酒を飲む機会が多い方、脂っこい食事が多い方、そして食べてばかりで消化器系になんとなく疲れや不調を感じる方、消化不良にお悩みの方に、ダイジェストリスはおすすめです。
ジェモセラピーの取り入れ方は、ダイジェストリスを朝晩お水に垂らして飲むだけ。
とても手軽でシンプルなケアで体感が早いのが特徴ですが、美味しく水分補給ができるのもエルビオリス社ミックスジェモエッセンスの魅力の一つです。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

活力アップや活性化を促すハーブのエキスとカシスの発酵エキスが含まれているヴィタリスは夏におすすめのミックスジェモエッセンスです。
ゲンチアナやローズヒップは暑さやストレスなど環境の様々な疲労からの回復を助け、身体の抵抗力を高め活性化してくれます。また、セイヨウサンザシ(ホーソン)は心臓を強化しリズムを整えたり、血圧の調節をしたり循環をサポートしてくれるだけではなく、全身の組織の細胞の再生を促して、若返えらせてくれます。エンバクやヨーロッパナラのエキスも活力を高めてくれます。
気力体力が今ひとつないと感じる時に、元気に一日を乗りきりたい時に、また、病後の回復期にもおすすめです。
ヴィタリスを朝晩お水に垂らして飲む、とてもシンプルなケアですが、美味しく水分補給ができるのもエルビオリス社ミックスジェモエッセンスの魅力の一つです。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。

冬に溜め込んだ老廃物を排泄し、身体の大掃除をお手伝いしてくれるデプラリスは春におすすめのミックスジェモエッセンスです。
セイヨウタンポポ、クロダイコン、ゴボウのハーブエキスとローズマリー、ジュニパーの新芽による
ジェモエキスにより、肝臓の強壮をしながら老廃物や毒素を排泄し、スムーズな代謝をサポートしてくれます。
お水に垂らして飲むことで、肌の調子が良くなったり、気分があがったり、心身共に軽やかさを感じて
満たされた状態を感じるでしょう。

こちらのジェモエッセンスのご紹介は、「ジェモセラピスト 春川なお」が担当させて頂きました。