オリーブ(Olive)

オリーブ科に属する常緑樹です。平和や知恵の象徴とされ、古代ギリシャやローマ時代から宗教や文化において重要な意味を持っています。
その栄養価や効能から健康食品としても注目されています。

オリーブはオリーブ油のほか、葉を活用したお茶や、化粧品、オリーブ染めなど多様な方面で活用されています。

【概要】

オリーブ(学名: Olea europaea)は、葉に0.3%程度含まれる苦み成分のオレユーロペンニ強力な抗菌・抗ウイルス佐生があることが発見され「自然の抗生物質」としてインフルエンザやヘルペスなどに用いられるようになりました。

【成分】

フラボノイド:ルテオリンなど
オレイン酸: 主成分であり、オリーブオイルの健康に良い効果の一部はオレイン酸によるものです。
ポリフェノール: 抗酸化物質であり、健康に対する様々な利点があります。
ビタミンE: 抗酸化作用があり、皮膚や免疫系に良い影響を及ぼします。
ミネラル: カルシウム、マグネシウム、鉄などが含まれています。

【効能】

心血管への効果: オレイン酸とポリフェノールの存在により、心臓の健康を促進し、動脈硬化を防ぐとされています。
抗酸化作用: ポリフェノールは強力な抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去するのに役立ちます。
炎症を抑制: 炎症を緩和する可能性があります。
血糖値の調節::血糖値の上昇を抑えることが報告されています。
脳の健康:認知機能の改善やアルツハイマー病のリスク低減に関連して研究されています。

【飲み方食べ方】

オリーブの葉を乾燥させてお茶にする方法があります。
また、オリーブオイルは料理に使用するだけでなく、サラダドレッシングや調味料として生の状態で摂取することもできます。
生のオリーブは 塩漬けやオイル漬けにし、直接食べることができます。