マレイン(Mullein)

マレイン(Marein)は、植物に含まれるフラボノイドの一種で、抗酸化作用や抗炎症作用があると言われており、ドイツでは小児科で呼吸器系疾患にマレインの花や葉のハーブティーが使われています。
また、研究室レベルでインフルエンザやヘルペスのウイルスに対する効果が報告されています。

【概要】

マレインは呼吸器系の不調に良いとされるハーブです。呼吸器系の粘膜を鎮静させる働きや、痰を排出させる働きがあります。

【成分】

・粘液質(キシログルカン、アラビノガラクタン)
・イリドイド配糖体(アウクビン)
・サポニン(バーバスコサポニン)
・フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)
・フィトステロールなど

【効能】

抗炎症作用:炎症を抑制し、関節炎やアレルギーなどの炎症性疾患に有益であるとされています。
血管の健康:血管を強化し、血液循環を改善する助けになる。
消化器系改善:鎮静・抗炎症・去痰などの作用があります。
皮膚炎:浸出液を使った湿布で炎症を鎮めたりします。

【飲み方】

ハーブティー
ドライなマレインを使ってハーブティーを作る。約1〜2グラムのドライハーブを約200mlのお湯で約5分間抽出する。
サプリメント
マレインを含んだサプリメントが市販されている。医師や専門家の指示に従って摂取する。
食品
マレインが含まれる食品や飲み物を摂る。例えば、特定の樹木の葉や果物を利用した料理やジュースなど。