ウィッチヘーゼル(Witch Hazel)

ウィッチヘーゼル(Witch Hazel)は、ハーブとして広く知られており、他にも切り傷や湿疹、眼の炎症や痔、虫刺されなど外用で用いられてきました。医療や美容の分野でさまざまな用途に使用されています。

【概要】

ハマメリス属(Hamamelis)に属する樹木の一種であり、主に北アメリカ原産です。葉と樹皮から抽出されるエキスが、一般的に使用される形態です。ウィッチヘーゼルは、古くから民間療法や自然医学で広く使用されており、その抗炎症や収れん作用が注目されています。
化粧品基材としての芳香蒸留水の流通も多く、飲用よりも皮膚利用の頻度が高いハーブと言えます。ただし独特のクセ・苦味がありますがハーブティーとして飲むことも出来ますし、ドライハーブを煮出したものを痒み止め・うがい薬などに使いまわすことも出来ます


【成分】

タンニン: ウィッチヘーゼルの最も重要な成分であり、抗炎症作用や収れん作用を持ちます。
フラボノイド: 抗酸化作用や抗炎症作用があり、血管を強化する効果もあります。
カテキン: 抗酸化作用があり、細菌やウイルスに対する抗菌作用も示すことがあります。

【効能】

収れん作用:毛穴を引き締め、肌の引き締め効果があります。
フラボノイドの効果:血管を強化し、静脈瘤や痔の症状の緩和に役立ちます。
抗菌作用:口内の細菌の繁殖を抑えます。歯茎の炎症や出血の緩和に効果的です。
抗炎症作用:皮膚の炎症やかゆみの緩和または目の炎症や目のかゆみ、目の疲れに対して鎮静効果があります。 日焼けや虫刺されなどの軽度な皮膚トラブルにも適しています。
下痢止め:経口摂取したタンニンは消化管を通り、収斂作用によって腸を引き締めることで下痢止め・軽減に役立つと考えられています。

【飲み方】

ティースプーン山盛り2~4杯(1~2g)に熱湯150mlを注ぎ、蓋をして10分間抽出したものを一日2~3回服用してください。