カレンデュラ(Calendula)

カレンデュラ(Calendula officinalis)は、一年草または二年草の植物で、ヨーロッパ原産のハーブです。カレンデュラは一般的にマリーゴールドとしても知られており、鮮やかな黄色またはオレンジ色の花を持っています。この花は伝統的に多くの薬効があるとされており、民間療法や自然療法の分野で広く使用されています。

【概要】

トウキンセンカ(カレンデュラ)は先述の通り「皮膚のガードマン」とも呼ばれる程、傷や肌荒れ、粘膜の修復や保護に優れています。カレンドラの花弁にはカロテノイドや フラボノイドなどが含まれています。ベビーや幼児のデリケートな肌だけでなく大人の肌のケアにそっと寄り添ってくれるお守りのようなハーブでもあります。

【成分】

カロテノイド:β-カロテン、ルテインなど
フラボノイド:カルシフラボン、ケンペロールなど
オレイン酸、リノール酸などの脂肪酸
クエルセチンなどのポリフェノール

【効能】

抗炎症作用:抗炎症性の成分を含み、皮膚の炎症や外傷の緩和に役立ちます。
傷の治癒:傷の治癒を促進する働きがあり、傷口をきれいに保ちます。
抗酸化作用:カロテノイドやフラボノイドが豊富に含まれており、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
抗菌作用:抗菌性の成分を含み、細菌や真菌に対して効果があります。
緩和作用:皮膚のかゆみや炎症を緩和する効果があります。

【飲み方使い方】

カレンデュラ茶
乾燥したカレンデュラの花を使って茶を作ることができます。熱湯に花を入れ、蒸らしてから飲みます。抗炎症やリラックス効果を期待することができます。

カレンデュラオイル
カレンデュラの花をオリーブオイルなどのキャリアオイルに漬け込んで作るオイルです。外用として傷口や皮膚トラブルに塗布します。

カレンデュラクリーム
カレンデュラを基にした軟膏やクリームは、日常的なスキンケアや皮膚トラブルのケアに利用されます。