カイエンペッパー(Cayenne Pepper)

カイエンペッパーは、一般的に乾燥させた赤い唐辛子の粉末状の調味料です。赤唐辛子は主に南アメリカ原産であり、世界各地の料理に香辛料として広く使用されています。辛味が特徴であり、スパイシーでピリッとした刺激をもたらします。

【概要】

カイエンペッパー(英: Cayenne Pepper)は、赤唐辛子(学名: Capsicum annuum)から作られるスパイスで、主に調味料や医療目的で利用されています。
末梢神経の神経伝物質であるサブスタンスPを枯渇させることで鎮痛効果をもたらすため、カイエンペッパーの軟膏剤やチンキ剤は帯状疱疹後の神経痛や糖尿病性の神経障害、関節炎などに外用で用いられています。
また、カプサイシンは交感神経系を刺激し、アドレナリンの分泌をたかめるため、ダイエット素材として用いられたり、無水エタノールで抽出したチン剤を添加したローション剤を育毛や養毛に用いたりと幅広い用途に用いられています。

【成分】

カプサイシン:辛味をもたらす化合物
・ビタミンA
・ビタミンC
・カリウム
・マグネシウム

【効能】

新陳代謝促進: カプサイシンにより、体温を上昇させ代謝を刺激し、脂肪燃焼を促進するとされています。
血液循環改善: カプサイシンには血行促進効果があり、血液の循環を改善するとされています。
抗炎症作用: カイエンペッパーに含まれる成分が、炎症を抑える効果があるとされています。
鼻づまりの緩和: カプサイシンには鼻づまりを緩和する効果があるとされ、風邪の症状などに利用されることもあります。

【飲み方食べ方】

調味料として
料理にほんの少量を加えることで、辛味や風味をプラスすることができます。特にメキシコ料理やタイ料理などの料理によく使用されます。

カプセルやサプリメント
カイエンペッパーエキスをカプセルやサプリメントの形で摂取することもあります。ただし、摂取前に医師と相談することをおすすめします。

ティー
カイエンペッパーをお湯で混ぜてカイエンペッパーティーとして飲む方法もあります。

※カイエンペッパーは強力な辛味成分を含むため、過剰摂取は胃や消化器系に刺激を与える可能性があるため注意が必要です。個々の体質によっても反応が異なるため、摂取量には適切な注意が必要です。特に妊娠中や胃腸の状態が不安定な場合は、専門家の意見を仰ぐことが重要です。