フェネグリーク(Fenugreek)

フェネグリーク(Fenugreek)は、西アジアと南アジアに自生するハーブで、世界各地で古くから駆風、強壮、強精、催乳の目的で用いられてきました。カレーなど身近な料理に利用されているスパイスです。

概要

「トリゴネラ・フォエヌム・グラエクム」という植物から得られる種子を指します。
フェヌグリークにはいくつもの薬膳効果があり、「胃腸の調子を整える」「解熱剤として」「アーユルヴェーダ」などさまざまな用途に用いられています。

成分

食物繊維
フェノール性化合物(フェノール酸、フラボノイド)
シュガースポート(ダイオジン、グルコマンナン)
タンパク質
ビタミン(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6)
ミネラル(鉄、マグネシウム、カルシウム)
フラボノイド
アルカロイド
アミノ酸

効能

生活習慣病の予防:血糖値やコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあり、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病の予防に効果的です。
ダイエット効果:食欲を抑制し、体重管理に寄与することが報告されています。
消化促進:消化を助け、胃腸の健康をサポートします。
皮膚問題:フェネグリークのペーストは、湿疹や皮膚炎の症状を和らげるのに使用されます。
糖尿病予防:水溶性の食物繊維が豊富です。
育毛効果:豊富な鉄分とタンパク質、フラボノイドやサポニンの抗酸化作用と抗真菌作用によって、健康な髪の毛を育てる効果が期待できます。

飲み方】

種子の飲用
フェネグリークの種子を直接噛んで食べるか、水に浸して摂取します。1日の摂取量は一般的に5-15グラムです。

フェネグリーク茶
フェネグリークの種子を湯で煮出して茶を作ります。温かい茶として摂取します。

フェネグリークのサプリメント
サプリメント形式も入手可能で、指示に従って摂取します。