フラックスシード(Flaxseed)

フラックスシード(または亜麻仁、亜麻の種)は、亜麻仁は「スーパーシード」と呼ばれています。
アンチエイジングに効果的で今の日本人に不足しがちといわれているn-3系(オメガ3系)脂肪酸が多い傾向にあります。食物繊維を豊富に含み、腸のぜん動運動を即したり、ビフィズス菌などの腸内細菌などの腸内細菌を増殖させて便秘や過敏性腸症候群を改善しアテローム性動脈硬化症を予防します。

概要

低温で圧搾して得たフラックスシード油は体内でEPAやDHAを経て、プロスタグランジンなどに変換される、オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸を油脂中の52~76%も含むため貴重なオメガ3脂肪酸の供給源となっています。

成分

オメガ-3脂肪酸: フラックスシードにはアルファリノレン酸(ALA)と呼ばれるオメガ-3脂肪酸が豊富に含まれており、心血管の健康に役立ちます。
食物繊維: フラックスシードは水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含み、便秘の緩和や血糖値の安定化に寄与します。
リグナン:リグナンはフラックスシードに豊富に含まれ、抗酸化作用があり、ホルモンバランスの調整にも寄与します。
タンパク質: フラックスシードは高品質の植物性タンパク質を提供し、筋肉の修復と成長に役立ちます。

効能

心血管の健康:フラックスシードに含まれるオメガ-3脂肪酸は、血圧を下げ、動脈硬化のリスクを低減します。
便秘の緩和:フラックスシードの食物繊維は便秘を緩和し、腸の健康を促進します。
糖尿病管理:食物繊維とALAは血糖値の上昇を緩和し、糖尿病管理に役立ちます。
炎症の軽減:フラックスシードに含まれるリグナンや抗酸化物質は、炎症を軽減する助けになります。認知機能を高める:脳を守る働きにも優れている。
ダイエット効果:食物繊維のおかげで血糖値が安定し空腹を感じにくい。

【食べ方・飲み方

フラックスシードは全粒のまま、挽いて、または粉末にして摂取できます。
全粒の場合、シリアルやヨーグルトに振りかけて食べることができます。
粉末にした場合、スムージーやパンケーキの生地に混ぜたり、料理に加えることができます。
毎日1〜2大さじ(約15〜30グラム)程度を摂取することが一般的です。