マカ(Maca)

マカ(学名: Lepidium meyenii)南米ペルーアンデス山脈に植生するアブラナ科の多年生植物で、薬用ハーブとして使われるのは根の部分になります。一般名はマカですが、ペルー人参とも呼ばれます。


【概要】

マカは、ペルー高原地帯原産の根菜であり、伝統的に栄養豊富な食物として使用されています。栄養価が高く、滋養強壮や精力増強のほか、更年期障害の症状の改善、肌の老化防止にも効果があるといわれています。

【成分】

アルカロイド: マカミド、マカイン、マカロン
ビタミン:ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
ミネラル:カルシウム、リン、鉄、亜鉛、マグネシウム
アミノ酸: アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸
食物繊維

【効能】

動脈硬化予防:体のサビつきを予防する抗酸化作用があり、この血管の老化を防ぐ効果があります。
性機能の向上:アフロディジアックとして知られ、性機能の向上や精力増強に寄与するとされています。
ホルモンバランス: 特に女性のホルモンバランスを整え、生理不順や更年期の症状緩和に効果があると考えられています。
エネルギー増強: スタミナやエネルギーの向上に寄与し、疲労回復にも効果があるとされています。
免疫力向上: ビタミンやミネラルが豊富で、免疫力向上に寄与する可能性があります。
美肌効果:皮膚保護作用やヒアルロン酸産生作用が期待できます。

【飲み方】

粉末
マカの根を乾燥させて粉末にしたものは、スムージーやヨーグルトに混ぜて摂取することが一般的です。
サプリメント
カプセルや錠剤として市販されており、製品に記載された用量を守って摂取します。


マカを煎じて茶にすることもあります。熱湯で浸し、数分待ってから飲むと良いでしょう。